保育園経営コンサルタント 大嶽の『現場日記』

船井総合研究所で、日本で先駆けて保育業界の経営コンサルティング領域を確立した業界の第一人者が、毎日全国の保育園における経営コンサルティング活動を綴ったブログ

2020年2月27日 11:42 午後

組織の強さは非常時に表れる

保育園 経営コンサルティング

みなさん、こんにちは。

船井総研の大嶽です。

 

さて、今日は宇都宮のエデュケアライズグループさんのご支援。

今日は、訪問してすぐに、山村理事長が、

 

「コロナウイルスの保護者アンケートを取ったので、それを踏まえて分析して、保護者宛の通知文のベースを作ってくれ。」

 

とのことでした。

 

そもそも、そんなアンケートを既に実施していることが素晴らしい、、

 

そのアンケートを見ると、

 

・感染が広がったら休園をしてほしいか?

・感染が広がっても預かり保育を利用したいか?

・会社は在宅勤務を推奨してるか?

 

などを含めた項目がたくさんありました。

 

リスク対策の鉄則として、

 

・初動の速さと正確さ

・決断の速さと正確さ

 

という鉄板指標がありますが、どれもとにかくレベルが高い。。

 

そして、そのフィードバックを今日保護者にさせていただきました。

 

私がベースを作りましたが、それを修正した山村理事長の文書がさらに秀逸。

さすがです。

 

改めて山村理事長をトップとしたグループの強みを感じた瞬間でした。

 

結果として、本日阿倍首相から、公立小中高の休校の発表がありましたが、それよりも早く、迅速に対応している組織の強さを実感した時間でした。

 

数多くの経営者と関わってきましたが、この業界でこれだけ迅速な対応、決断をする人は一握りです。

 

非常時に強い組織は、強い組織であるというルールを改めて学ばせていただいた1日でした。

 

それにしても、日に日に国や自治体のルールが変更になるタイミングです。

保育園、幼稚園は開園の方向性です。

 

情報感度を高めながらも、そこに振り回されない選択感度を高めていただければと思います。

 

ではまた!