保育園経営コンサルタント 大嶽の『現場日記』

船井総合研究所で、日本で先駆けて保育業界の経営コンサルティング領域を確立した業界の第一人者が、毎日全国の保育園における経営コンサルティング活動を綴ったブログ

2020年3月3日 5:51 午後

こちら、必ずご確認ください。

未分類

みなさん、こんにちは。

 

さて、今回は新型コロナウイルスに関して、幼稚園や認定こども園、保育所の皆様にご対応いただきたいと考えていることをお伝えできればと思います。

既に対応済みの法人様も多いかとは思いますが、改めてご確認いただければと思います。

 

1)休園等の判断について
自治体によっては、自治体内の幼稚園も含み休園という対応を取るケースも見受けられますが、そのような要請のない自治体における法人様については、原則開園という判断で問題ないかと考えられます。
但し、「自由登園」という形が望ましいかと考えられます。保護者様のご判断のもと、登園していただく体制を取っていただければと思います。

2)行事等の対応について
未就園児向けのイベント等については、不特定多数が集団活動するという特性を鑑みて、中止(あるいは延期)の判断が望ましいかと考えられます。
在園児向けの行事については、中止できるものがある場合はそのような対応が最もリスクが低いとは考えられますが、この時期は卒園式といった園児や保護者にとっても大切な行事があります。

中止を視野に入れつつも、まずは極力集団での活動が短時間化するようプログラムの見直し等を踏まえた上で、リスク軽減できないかをご検討いただいた上で、最終判断をしていただければと思います。

3)その他、基本的な対応について

以下に箇条書きで記載します。

・教職員、保護者へのマスク着用の徹底
(参考までに、厚生労働省からのQ&Aには次のような記載がなされています。)
「マスク着用を含む咳エチケットや石けんやアルコール消毒液などによる手洗いといった感染防止対策の徹底をお願いしています。また、湖北省または浙江省から帰国した方については、14日登園を控えていただくなどの要請を行っています。」
出典:厚生労働省 「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html#Q35

なお、WHO(世界保健機関)はマスク着用による感染予防に繋がるという証拠がないという旨を発表しておりますので、このあたりの判断は個人によっても良いかもしれませんが、咳エチケットへの配慮、対応はマストになります。

・在園児保護者への感染対策の啓蒙(主に手紙やメール等で)

・ホームページの「お知らせ」や「新着情報」等に「新型コロナウイルスにおける対応方針」といった内容の掲載

・採用などは就職フェアの中止が予想されるため、母集団形成の対応策を検討

以上、簡潔ですが、ご対応いただきたい点についてまとめました。

 

時期が時期なだけに、判断が非常に悩ましい部分がありますが、園児やそのご家族、教職員の皆様、そして何より経営者の皆様におかれましても、リスクを可能な限り避けられるような体制をご検討いただければと思います。

 

また随時ご連絡出来ればと思います。

 

ではまた。