保育園経営コンサルタント 大嶽の『現場日記』

船井総合研究所で、日本で先駆けて保育業界の経営コンサルティング領域を確立した業界の第一人者が、毎日全国の保育園における経営コンサルティング活動を綴ったブログ

2020年4月7日 7:53 午前

リモート飲み会

未分類

みなさん、こんにちは。

船井総研の大嶽です。

 

さて、特に3月に入ってから船井総研もリモート勤務、在宅勤務のため、リアルに組織のメンバーに会う機会がほぼなくなりました。

当然リモートでは小まめに会っているのですが、私個人の感覚としても、どうも心の距離が遠ざかっているのではという不安や少々の危機感を感じましたので、私たち組織の管理職8名で、

 

「リモート飲み会」

 

を初めて企画・実施しました。

 

このような様子です。

 

実施したことがある人は分かると思いますが、一人一人でお酒や食事を用意し、ZOOM等のリモートシステムを活用して、その画面上で飲み会をするというものです。

乾杯もメンバーが揃ったら画面上で実施し、あとは好きなように話して、飲んで、食べてという具合です。

 

このリモート飲み会の評価を一言で言えば、

 

「これはこれでありだなぁ。」

「結構楽しめる。。。」

 

ということです笑

 

これによって、今後リアルの飲み会やコミュニケーションがなくなる、必要ないということはありえないのですが、ちょっとしたときに、リモート飲み会で気軽にコミュニケーションをとるというカルチャーは、とても良いものだし、きっと世の中的に今後も増えてくるでしょう。

 

聞くと、既に社員同士で夜にオンラインゲームをしたりするのも増えているようです。

 

特に保育士は、シフトの関係や終業時間帯の関係もあり、仕事終わりに職場のメンバーと飲みに行くのがやりにくいのが実態です。

よって、どうしても年に数回のイベントに限定されますが、この形ならば、家に帰って20時半~22時までの時間限定での実施など、比較的気軽に実施できると思いますので、私個人としては、もっと普及すると良いなと思います。スマホでも出来ますから。

 

一方で、画面の大きさに限界があるので、一人一人の表情が分かりにくい、周囲の騒音がやけに気になる、誰が話すのかという「けん制」をする瞬間が結構出る、それにより沈黙が増える、などの課題もありますので、決して大絶賛ではありませんが、あくまで状況によっては便利だし、機能するな。。というレベルです。

 

また、ZOOMのブレイクアウトルームを活用すれば、大人数でもシャッフルしながらできますので、近いうちに組織メンバー40人で新人歓迎会をやりたいと思います!

 

結果的にはとても良い時間をメンバーと過ごせましたし、皆楽しそうだったので、やってよかったなと思います。

大切なのは、この不透明で不安な時期に、このようにして工夫して前向きに行動したり、楽しむ意識を強く持てるかどうかです。

 

ではまた!