保育園経営コンサルタント 大嶽の『現場日記』

船井総合研究所で、日本で先駆けて保育業界の経営コンサルティング領域を確立した業界の第一人者が、毎日全国の保育園における経営コンサルティング活動を綴ったブログ

2020年6月15日 10:46 午後

パワフルケアさんの成長

保育園 経営コンサルティング

みなさん、こんにちは!

船井総研の大嶽です。

 

さて、今日は関西の有力企業のパワフルケアさんのご支援。

もう6年になります。

パワフルケアさんは、昨年劇的に離職率を下げ、今年も安定した採用活動をされてます。

 

昨年初めて開園した認可保育所も毎回確認する度に安定感を増してるのは、園長先生の手厚いマネジメントのおかげだと思います。

 

また、経営層に新たなメンバーを数名加え、本部体制も強化になってきました。

 

パワフルケアさんは、15年前からその特徴的な社名を知っていて、6年ほど前からのお付き合いが始まり、これまで、委託から直営への事業転換、教育コンテンツの開発、はじめての認可保育所の開設、勝負ところの公募など、局面毎に関わらせていただきました。

 

おこがましいですが、会社の成長ステージごとに私なりにそれぞれ異なる顔を見てきたつもりです。

 

遡れば、限現黒田会長がベビーシッターをマンション一室から始めた会社です。

今は息子さんの社長に実質の経営権を渡してますが、お母様である会長の経営手腕を私は今でも尊敬しています。

その会社が成長し、その成長過程の一部ですが、垣間見て、伴走出来たのはとてもありがたい限りです。

 

これから益々成長していく会社ですので、その過程を一緒に見続けたいなと思うところです。。

 

ではまた。