保育園経営コンサルタント 大嶽の『現場日記』

船井総合研究所で、日本で先駆けて保育業界の経営コンサルティング領域を確立した業界の第一人者が、毎日全国の保育園における経営コンサルティング活動を綴ったブログ

2010年3月14日 8:56 午前

久しぶりに現場調査をしました!

保育園 経営コンサルティング

3日間ブログが停止していました。
立ち上げ早々に情けない話です。。。
でも気分を変えて今日から楽しく書きたいと思います!
さて、金曜日に久しぶりに大阪市内で現場調査をしました。
現場調査とは、クライアントの商圏内にある競合施設の状況を
把握するために、自らが現場に出向いて実態を覆面で調査する
というものです。
実はここまでしっかりと現場調査をしたのは1年ぶりぐらいだと思います。
5件ほど回りました。
いや~。やはり取材やヒアリングとは違って、現場調査の気づきは別の
視点であるものです。
一番は、プレゼン。
5箇所全ての方法が違います。
何が違うか。。。
集まっているところは、「売り込まない」のです。
さらに、もっと集まっているところは、「相手のためのプレゼン」
をしています。
どういうことかと言うと、
「本当に保護者や子ども達のことを考えてプレゼンをしている」
のです。。。
「是非多くの施設を見てその中で共感した園に入るべきですよ。」
「お父さんよりもお子様にとって良いと思う園を見つけてくださいね。」
個人的にも5箇所中、最も入りたいと思った園は一緒で、
「売り込まず、自分のこと、子どものことを真剣に考えてくれた園」
です。
営業、プレゼンは奥が深いですね~。